iPhoneで格安simを使うにあたって、auのiPhoneはau系MVNO(auの回線を使ったMVNO)、ドコモのiPhoneの場合はドコモ系(ドコモの回線を使った)MVNOを選ぶことになります。

問題は、au系とドコモ系どちらのMVNOも使える、SIMフリーiPhoneやSIMロック解除済みiPhoneを持っている場合です。

基本的には、データ通信量やサービス、料金や使い方、決済方法(クレジットカードが無いなど)で選ぶと良いですが、例えばどちらも選べるMVNOのmineo(マイネオ)の場合や、au系MVNOのこのプランと、ドコモ系MVNOのこのプランで迷っている・・・といった場合は悩んでしまうかと思います。

このページでは、au系MVNOとドコモ系MVNOどちらも選べる場合は、どちらを選ぶかについての体験談と、参考情報についてまとめました。

ドコモ系MVNOのメリット・テザリングが使える

iPhoneでドコモ系MVNOを使う場合の一番のメリットは、iOS8以降であればテザリングが使えるということです。
ドコモ系MVNOの場合は、特別に申込みをしなくてもテザリングが使えます。

一方、au系MVNOの場合のデメリットとして、iPhoneではテザリングが利用できません。

外出先などで、格安simを挿したiPhoneを利用して、パソコンや携帯ゲーム機などをインターネットに接続したい場合は、必ず格安simを選ぶ段階でドコモ系MVNOを選んで契約をして下さい。

テザリングとは?

iPhoneやスマホなどの通信機器を外部モデムとして、パソコンや携帯ゲーム機などを接続、インターネット接続を共有する機能です。外部接続したパソコンや携帯ゲーム機で、屋内・屋外に関係なくインターネットでのデータ通信ができます。
テザリング接続をしていても、iPhone自体は電話をかけたり、インターネットを見るなど通常通り利用することができます。

au系MVNOのメリット・SMS機能追加料金なし

SMSは、ショートメッセージ、ショートメールのことで、携帯電話番号を使ってメッセージをやりとりできる機能です。
ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアでも当然標準で使えるため、特に意識せずに使っていたかと思います。

格安simにする場合、ドコモ系MVNOではSMS機能をつけると月額+130円程度料金がかかる場合がほとんどです。

一方、au系MVNOのmineo(マイネオ)、UQmobile(ユーキューモバイル)では、月額料金が無料でSMSサービスが利用できます。

ただし、ドコモ系MVNOの料金が安いプランで格安simを使う場合は、SMS機能で+130円足してもau系MVNOと同じくらいの料金になる場合もあるため、自分の使いたいプランの料金で計算をしてみて下さい。

ドコモ系、au系MVNOとiPhoneの相性

iPhoneとの相性面で言えば、「どちらかというと」au回線よりドコモ回線のほうが良いようです。
現在どちらでも問題なく使えますが、au回線の場合、過去iOSアップデートなどで不具合が出たことがあるようです。

不具合の発生率で言えば、ドコモ系MVNO(ドコモの回線を使ったプラン)のほうが安定しているようです。

ただし、最近ではサービス面の安定したMVNOではいち早くiOSアップデートの情報などを発表しており、公式にもiPhone対応と明示されているため、ほぼ変わりはないと思います。

つながりやすさの面で言えばキャリアのドコモ回線、au回線と同じなので、どちらが自分の住んでいる地域で使いやすいかを意識すると良いでしょう。
地方などの山間部でドコモ以外繋がらないといった場合は、迷わずドコモ系MVNOを選んで下さい。

通信速度はドコモ?au?

au系とドコモ系MVNOを比べると、au系のほうが通信速度が速いとされています。
ドコモ系MVNOはたくさんあり、利用者も多いため回線が混んでいる場合がある、au系MVNOは数も少なく、利用者も少ないことが予想されるため比較的回線が空いているという理由です。

ただし、回線速度はMVNOや時間帯、利用する場所などによって大幅に変わるものです。
一概にauだから速い、docomoだから遅いとはいい切れないため、どちらかというと速い可能性が高いといった程度の認識にしておくほうが無難です。

格安simの通信速度についてまとめたページも参考にしてみて下さい。

結局どちらを選べばよいか

ドコモ系MVNO、au系MVNOどちらを選ぶかについて、一番大きなポイントはテザリングを使うかどうかです。

あいやす管理人は、普段テザリングを使わない、通信速度はなるべく出たほうが良い、SMSの利用料金が追加でかからないといった理由で、auのiPhoneからmineo(マイネオ)での契約にしました。
ただし、テザリング以外は小さな差なので、テザリングを使わない人は、料金やプランなどの面で選ぶと良いでしょう。

使う人の状況によって変わりますが、au系のMVNOとドコモ系MVNOのメリット・デメリットを知ってぜひ格安sim選びの参考にしてみて下さい。