iPhoneを格安simで持つために、格安simについて調べていくと、今まで聞いたことがなかった言葉がたくさん出てくるかと思います。

格安simを提供している会社やプランを選んで契約をする前に、関連する用語についてかんたんにまとめました。
はじめは難しく感じるかもしれませんが、すでに知っている事や耳慣れないだけという事もあると思います。

格安simの仕組みや内容について理解するため、サイトを見ていて聞きなれない言葉について、参考にしてみて下さい。

格安sim・格安スマホの用語集

基本的な用語

キャリア・・・携帯電話の通信サービスを行っている会社のことです。通信のための回線、設備をもっている会社で、国内ではNTTドコモ、au、ソフトバンクが3大キャリアと呼ばれています。

MVNO・・・Mobile Virtual Network Operator、日本語にすると仮想移動体通信事業者の略。基地局や回線などのインフラをキャリアからレンタルしてサービスを提供する会社のことです。
簡単に言うと、格安simのサービスを提供している格安sim会社です。

ドコモ系MVNO・・・ドコモの回線を借りてサービスを提供しているMVNOのことです。(楽天モバイル、IIJmio、DMMモバイル、mineo(Dプラン)、OCNモバイルONE、NifMo、U-mobile、BIGLOBE SIMなど多くあります)

au系MVNO・・・auの回線を借りてサービスを提供しているMVNOのことです。(UQmobile(ユーキューモバイル)、mineo(Aプランの2社があります)

SIMカード・・・iPhoneなどのスマホに挿す小さなICチップがついたカードです。今使っているiPhoneでも、本体画面からみて右側に挿さっています。電話番号、通信量、プランなどの契約情報が記録されています。

格安sim・・・格安simとは、キャリアに比べてとても安い価格(格安)で利用できるsimカードです。

SIMフリースマホ・・・キャリアで購入したiPhoneには、auならau、ドコモならドコモの回線でしか使えないようSIMロックがかかっています。SIMフリーは、Appleなどで販売されているロックのかかっていないiPhoneのことです。
iPhoneでいうとSIMフリーiPhone、他機種も含むスマホ全般でいうと、SIMフリースマホとなります。

格安スマホ・・・arrowsやAQUOSなどの価格が安いSIMフリーのスマートフォンのことです。格安simと格安スマホのセットを、格安スマホと呼ぶこともあります。
iPhoneの場合は本体価格が高いため、厳密に言うと格安スマホではないかもしれません。格安で使えるスマホという意味では、格安simを挿したiPhoneは格安スマホとなるかと思います。

MNP(乗り換え)・・・Mobile Number Portabilityの略、携帯電話番号ポータビリティのこと。電話番号はそのまま変わらず、携帯電話会社の乗り換えができる制度のことです。携帯電話とPHSの間でも適用されます。
MNP(乗り換え)には、キャリアへ支払う2000円のMNP手数料と、格安sim会社(MVNO)に支払う3000円のMNP転入手数料の合計5000円が必要になります。

SIMロック・SIMロック解除・・・キャリアで購入したiPhoneには、auならau、ドコモならドコモの回線でしか使えないようSIMロックがかかっています。キャリアで購入したiPhoneでも、iPhone6s/6splusとiPhoneSEであれば、購入後180日経ってから各キャリアに申し込むことでSIMロック解除が可能です。
SIMロック解除後は、SIMフリーiPhoneとしてドコモ系MVNO、au系MVNO両方の内どちらかを選んで使うことができます。

格安simの種類

データ通信専用SIM・・・高速データ通信は利用できるが、SMSや通話は利用できないデータ通信専用のSIMカードのことです。インターネット回線を使ったIP電話やLINE電話などであれば、通話も可能です。

音声通話機能つきSIM・・・高速データ通信のほか、電話での通話もできるSIMカードのことです。070,080,090といった番号をつかった通話が可能です。こちらを契約することで、キャリアのiPhoneとほぼ同等に使うことができます。

使えるサービス

SMS・・・ショートメッセージサービスの略で、携帯電話、スマホの番号をあて先として送受信できるものです。ショートメール、Cメールとも呼ばれます。色々なサービスの本人確認として使われるため、格安simを使う場合でもSMS機能つきにしておく事をおすすめします。

IP電話・・・インターネットを使って音声の送受信を行う電話です。(通常の電話は電話回線を使用)
従来の電話と比べて、低価格で音声送受信を行うことができます。番号は050などになります。

テザリング・・・スマートフォン、iPhoneなどの通信機器に携帯ゲーム機やパソコンを接続して、インターネット接続を共有する機能です。テザリングを使っていても、スマホ自体は通常通り利用することができます。

速さや容量・制限・プランなど

高速通信容量・・・1ヶ月の中で利用できる高速データ通信のデータ容量のことです。キャリアでは、2~8GB程度、格安simでは、1GB~5GB程度が多く、より多い10GB以上のプランがあるMVNOもあります。

通信速度制限・・・インターネットや動画閲覧、LINE、ゲームなどで使った高速データ通信の容量を超えると、通信速度が遅く制限をされてしまいます。
どのくらいの速度に制限をされるかは、キャリアやMVNOによって違います。大体制限後は128kbps~200kbps程度の低速での通信になります。
どのくらい使うと制限をされるかは、契約しているプランによります。

3日間制限・・・1ヶ月合計での速度制限の他、3日間の制限もあります。3日間の送受信の容量が一定を超えると、通信速度制限となります。
キャリアではあまり3日間制限にかかったことがある人は少ないかと思いますが、この制限は存在しています。auでは3日間で3GB使った場合、ドコモとソフトバンクでは制限が撤廃されています。
一方MVNOでは3日間で366MBを条件にしている所が多くあります。366MBだと少し使いすぎるとオーバーしてしまう可能性があるため、あいやすでは、なるべくこの3日間制限が無いか、緩い(3日で3GB)MVNOをおすすめします。

データ繰越・・・当月使い切れなかった高速データ通信容量を、翌月に繰越して使うことができるサービスです。使っているデータ通信量が月によって幅がある場合は、データ繰越で無駄なく使う事をおすすめします。

かけ放題プラン・・・料金プランの一種で、固定電話、他社への電話も無料になる定額プランです。通話がものすごく多い人は、格安simよりキャリアのかけ放題プランを利用したほうが、結果的に料金が安くなる場合もあります。

最低利用期間・・・契約してから最低限利用しなければいけない期間の事です。キャリアでは、2年縛りなどといわれ、2年間使わなくてはいけない、解約やMNPするにも2年間の後1ヶ月間以外は解約手数料9500円を払う必要があるといった契約になっています。
格安simでも、音声通話機能つきのプランは、最低利用期間が決められている場合が多いです。
ただし、キャリアと違って、12ヶ月利用すればその後はいつ解約しても解約手数料がとられないという場合がほとんどです。

その他

iOS・・・Appleによって開発されたOSです。iPhoneやiPad、iPod touchなどで使われています。

Wi-Fi(ワイファイ)・・・無線でインターネットに接続する技術のことで、無線LANの一種です。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートといったコンビニや、ドトール、スタバといったコーヒーショップ等でも設定をすることで、無料のフリーWi-Fiを使うことができます。

白ロム・・・電話番号、メール、契約者の情報などが、端末に入っていない携帯電話のことです。情報がかかれていないまっさらなものという事で、「白」ロムと呼ばれます。iPhoneの場合は、SIMカードを抜くと白ロムとなります。

赤ロム・・・分割払いの代金の支払い完了前に中古として売られ、結果支払いが完済されずに使用不可能になった携帯電話のことです。