auのiPhone 6s/6sPlus、iPhoneSEを使っている人は、購入後180日経っていればsimロック解除ができます。
(*iPhone5c/5s、6/6plusはsimロック解除ができません)

今後iPhoneを格安simで持ち続ける場合、simロック解除をしてDocomo系のMVNOも使えるようにすると、mineo(マイネオ)とUQmobile(ユーキューモバイル)以外のMVNOも使えるようになります。
また、今のiPhoneを売る場合にも「au系だけで使えるiPhone」よりも「simフリーiPhone」になっていた方が高く売れることが多くなります。

au版iPhoneのsimロック解除条件

auのsimロック解除条件は、以下の通りです。

  1. iPhoneの購入日から180日以上経過していること
  2. ※購入日の翌日が1日目となっています。

  3. ネットワーク利用制限中のau版iPhoneではないこと
  4. ※支払いが滞ると制限がかかります。通常通り支払いをしていれば問題はありません。

ネットワーク利用制限とは?

自分のiPhoneがネットワーク利用制限中かどうかは、こちらから確認ができます。
当然、今インターネットが使えているのであれば、ネットワーク利用制限はかかっていません。

  • 判定が○・・・制限なし、iPhone自体の支払いが完了している状態です。
  • 判定が△・・・現在分割払い中で残債が残っている状態です。支払いが滞ると制限がかかる場合があります。
  • 判定が×・・・ネットワーク利用制限中のiPhoneです。LTE回線が使用できなくなります。

auiPhoneのsimロック解除方法

simロック解除は、解除料無料で簡単に完了するため、ネットからの手続きがおすすめです。

  1. iPhoneの 設定>一般>情報から、IMEI番号をコピーしておきます。
  2. auお客様サポートサイトで、コピーしたIMEI番号を入力、判定結果が「○」であれば続けて解除を申し込みます。


自分のiPhoneがsimロック解除可能かどうかは、上記のauお客様サポートサイトから調べることができます。

また、auショップに持ち込みでsimロック解除をしてもらうこともできますが、解除手数料が3,000円とショップでの待ち時間等がかかるため、ネットでの申し込みをおすすめします。
待ち時間等はなく、すぐに解除が完了します。

au系MVNOを使い続けるつもりの人や、特に必要ない場合はsimロック解除をしなくても良いですが、Docomo回線も使えたほうがMVNOの選択肢が格段に広がります。また、海外に行った時も現地のsimをさして使うこともできるようになります。
auのiPhone 6s/6sPlus、iPhoneSEを持っている人は、simロック解除をしておくことをおすすめします。