ソフトバンクのiPhoneを今使っている人は、今もっているiPhoneをそのまま格安simで使うことはできません。
iPhoneSE、6s/6splusを持っている人はsimロック解除、その他のiPhoneの場合は新しいものを購入する必要があります。
格安simで使えるiPhoneを手に入れてからMNPをすれば、電話番号はそのまま格安simで使うことができます。

現状、格安simで利用できる回線は、ドコモとauのみです。
そのため、ソフトバンクのiPhoneそのままでは格安SIMを使えないという事になります。

6s/6sPlus、SEは購入後半年経ってからsimロック解除をし、SIMフリーiPhoneにすることでドコモの回線を使ったMVNO、auの回線を使ったMVNO両方から通信会社を選ぶことができます。

ソフトバンクiPhoneから格安simの利用方法

  1. SIMロック解除済みのiPhoneSE・iPhone6s/6splusか、新しいsimフリーiPhoneを用意する
  2. ソフトバンクショップか、電話でMNP予約番号を取得する
    (今の電話番号使わずに新しい番号にする場合や、データ通信専用でも良い場合は、予約番号は必要なし)
  3. 格安sim会社を選んで申し込む
  4. 届いた新しいsimカードにさしかえ、iPhoneの設定をする

という手順で使えるようになります。
文章で見るよりも手続きは簡単なので、以下の説明を参考にしてみて下さい。

今もっているiPhoneのsimロック解除をする

SoftBankのiPhone 6s/6sPlus、iPhoneSEを持っていれば、購入後180日(6ヶ月)経った後simロック解除ができます。
(*iPhone5c/5s、6/6plusはsimロック解除ができないため、新しいsimフリーiPhoneを準備しましょう)

ソフトバンクのiPhoneでも、iPhone 6s/6sPlus、iPhoneSEならばSIMロック解除をすることで今使っているiPhoneをそのまま格安sim運用することができます。

simロック解除をすると、デメリットとしてはソフトバンク独自のサポートを受けられなくなります。
どのみち、ソフトバンクの契約解除をして格安simを使うのであればサポートはなくなります。
メリットとしては当然、格安simを使えるようになる事が挙げられます。

ソフトバンクのsimロック解除については、ソフトバンクのiPhoneSE 6/6splusのsimロック解除を参考に、手続きをして下さい。

新しいiPhoneを手に入れる

SIMロックが解除できない機種の場合、新しいiPhoneを手に入れる必要があります。
auまたはドコモのiPhoneを手に入れればそれぞれ対応したMVNOで使うことができますが、はじめからSIMフリーiPhoneを購入したほうが選択肢が広がるため、そちらをおすすめします。

SIMフリーiPhoneは、Apple公式サイトやアップルストア、中古でもよければヤフオクやAmazonでも購入できます。
ヤフオクやAmazonを利用する場合、制限のかかっているものや使えないものの場合もありますので、注意して選ぶ必要があります。

ソフトバンクのMNP予約番号取得方法

次に、SoftBankショップもしくは電話にてMNP予約番号を取得します。
ソフトバンクショップの場合は待ち時間があったり来店する手間がかかるため、電話で発行してもらうのがおすすめです。
番号を控えられるよう、メモを準備しておいて下さい。

・電話で取得する場合(受付時間:9:00〜20:00)
携帯から: *5533へ電話
一般電話から: 0800-100-5533へ電話

後ほどSMS(ショートメール)でもお知らせが来るので、番号を忘れてしまってもあせらなくて大丈夫です。
念のためメモで控えて、SMSでも確認をしておいて下さい。


・ソフトバンクショップでMNP予約番号をもらう

ソフトバンクショップへ直接行き、MNP予約番号を発行してもらいます。
運転免許証などの本人確認書類をあらかじめ準備しておいて下さい。


*注意点

・ソフトバンクの契約解除をすることで、たまっていたソフトバンクのポイントが使えなくなります。(番号取得するだけならポイントはなくなりません)
 契約解除になる前に、店頭でスマホケースや充電器などと交換しておくか、グッズと交換したり、Tポイント提携先で使い切っておきましょう。

・MNP予約番号の有効期限
 MNP予約番号には15日間という期限があるため、申込みから到着の時間も考える必要があります。
 いざ申込みをするというときに、番号を取得するようにしましょう。

 *もし有効期限が過ぎてしまってもソフトバンクの契約解除にはならずそのまま使い続けられます。格安SIMにする場合は再度番号を発行してもらう必要があります。

格安sim会社に申し込み

SIMフリー版か、ソフトバンクでsimロック解除をしたiPhoneであれば、au回線を使ったMVNO、ドコモ回線を使ったMVNOどちらの格安sim会社にも申込みができます。

090、080といった今の電話番号をそのまま使えるようにしたい場合は、音声通話機能つきプランを選びます。

au系MVNOを利用する場合、選ぶsimカードはVolte対応「マルチ(nano)SIM」になります。
ドコモ系MVNOを利用する場合は、simカードは「nanoSIM」を選んでください。
(念のため申し込み前に、利用する格安SIM会社の対応端末のページから、対応するsimについて確認して下さい)

simカードのサイズを間違えてしまうと、カードを交換してもらうことになります。
有料(2000円程度)になるため、間違えないよう注意が必要です。

速度が安定したMVNOの中で、ソフトバンクで使っている通話時間や、今のデータ通信量と同じくらいの容量を選ぶと間違いがないと思います。

基本的にあいやすでは、多くの人に失敗がないMVNOのためmineo(マイネオ)をおすすめしています。
SIMフリーiPhoneであれば、aプラン(au回線を使ったプラン)dプラン(ドコモ回線を使ったプラン)どちらも選ぶことができます。

申込み前に必要な準備

格安simの申込み前に必ずやっておいて欲しいのが、各種サービスのメールアドレス変更です。
(もともとフリーメールアドレスで登録している人は変更は必要ありません)

softbank.ne.jpといった、ソフトバンク独自のキャリアメールアドレスは、解約をしてしまうと当然使えなくなってしまいます。
Amazonや楽天などのショッピングサイトや、銀行のモバイルバンキングなどにキャリアメールアドレスを登録している場合は、必ず事前にGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスなどを取得して登録を変更しておいて下さい。

LINEの年齢認証もできなくなるというデメリットはありますが、こちらはソフトバンクで使っている間に済ませておくか、ID検索ができなくなるだけなので特に気にしない人は認証をしなくても大丈夫です。

格安simのメリット・デメリットのページでも、格安simに変えることでどういったデメリットがあるかと、回避策について解説しています。

届いた格安simをiPhoneに設定

申込みをしたMVNOより、1週間前後で格安simカードと利用手順等の書類が到着します。

到着したら、説明にしたがってsimカードを差し替え、プロファイルをダウンロードすることで格安simを使えるようになります。
MVNOによっては、アプリで設定が完了するところもあります。

ページにアクセスしてダウンロードするか、アプリをダウンロードして設定するため、特に難しい事はなく簡単に設定が完了すると思います。
届いた書類を参考に、設定を完了させることで、格安simを使い始めることができます!